大学生こそTOEICを勉強しなければいけない理由

大学生こそTOEICを勉強しなければいけない理由

大学生であれば、英語の授業や大学の規定で「TOEIC」という英語の試験を聞いたり、実際に試験を受けたりしたことがある人は多いはずです。就職や進学に関係することもあるため、強制的に受けさせられた人もいるかもしれません。しかし、どうしてTOEICが大学生にとってそこまで重要視されているのかを深く考えてみたことはあるでしょうか。今回は大学生こそTOEICを勉強しなければいけない理由について紹介します。

そもそもTOEICとは

TOEICは「Test of English for International Communication」の略で、英語のコミュニケーション能力を評価するためのテストです。テストは合格不合格ではなく、その試験で990点満点中で何点とれたかといった評価のされかたをします。最近では一部の学部では決められた点数以上を取らないと進学できなかったり、留学などを希望した際に点数が低いと足切りされたりすることもあります。
もうひとつ有名な英語の試験「TOEFL」と合わせて広い地域で認められている英語の能力を証明する試験となっています。ちなみにTOEFLではスピーキングの試験もありますが、TOEICにはありません。

大学生とTOEIC

一部の学部によっては進学にTOEICの点数が関係することはいいましたが、ほかにも大学生にとってTOEICは重要な存在です。

就職に役立つ

就職に役立つというのが、大学生がTOEICを受ける大きな理由のひとつではないでしょうか。近年、多くの企業が海外にも拠点をもつようになり、世界中のほとんどの地域で通用する英語のスキルは重要視されています。そのため大手企業をはじめ、多くの企業がTOEICの点数を採用基準に加えるようになりました。企業の求めているTOEICの基準点は600点前後で、高い英語力を求めています。

就職後も影響する

TOEICのスコアは就職後にも影響することがあります。将来的に海外進出を考えている企業や、外国人も多く働いている会社であれば英語の能力は高く評価されます。
また、昇進にはTOEICのスコアが○○点以上必要と定めている企業もいくつかあるそうです。
就職のときに頑張っても実際に使えなければ意味がありません。就職後も英語の勉強を続け、TOEICのスコアを伸ばしていくのが出世への近道になることもあります。

単位認定や院試免除がある

TOEICで一定以上のスコアをとると単位認定をしてくれる大学は年々増えています。英語の授業の単位と同じ扱いにしていることもあるため、TOEICで良いスコアを取ればその授業を受けなくてもいいとうケースもあります。
また、大学院への進学を考えている人にとってはありがたい「英語試験免除」を認めている大学院もあります。大学院の試験はハイレベルなことが多いため、科目がひとつでも免除されるのは大きなアドバンテージになります。まだ認定している大学院は少ないので、自分が受けようとしている大学院が試験免除を行っているかどうかを調べてみましょう。

ビジネスシーンで役立つ

TOEICの試験問題では会社へのクレーム対応、広告文などをはじめとする実際のビジネスシーンでも役立ちそうな問題が多く出題されます。大学生のうちはなかなか想像しにくいビジネスシーンの参考になるのはもちろん、英語での応対もセットで身につきます。参考になりそうなものは問題ごと暗記してしまってもいいかもしれません。
TOEICのスコアは大学生活だけでなく、その後の人生にも大きな影響を与えることがあります。大手企業などへの就職を考えている人にとっては必須の試験なので、試験の対策をして良いスコアを目指しましょう。

おわりに

今回は大学生こそTOEICを勉強しなければいけない理由について紹介しました。実際に職場で英語を使うかどうかにかかわらず、TOEICのスコアを採用基準にしている会社も増えてきました。将来の選択肢を増やす意味でもTOEICの勉強をしておきましょう。

The following two tabs change content below.
イングリッシュナレッジ

イングリッシュナレッジ

大学生のための英語の学び方や方法について紹介しているサイトです。受験英語から離れてみて社会に通用する英会話術を身につけてみませんか?