検定の鉄板とも言われる英検はとっておくべきか

英文 イメージ

最近の就職で有利になるとされているのは「TOEIC」が主ですが、中学校や高校では「英検」の取得をするように言われたことがある人もいるかもしれません。
「TOEIC」あるいは「TOEFL」のような資格が重要視される風潮が強いなか、「英検」をとっておく必要はあるのでしょうか。
今回は英検はとっておくべきかどうかについて説明します。

英検とは

英検は日本で1、2を争うほどの知名度を誇る検定試験です。
小学生から受験できるため幅広い年齢層が受験している、リーディングやライティングが問われる筆記試験だけでなくスピーキングやリスニングの能力が問われる面接試験があるため、英語の4技能のすべてを総合的に試せることなどが主な特徴です。

国連英検

似た名前の試験で「国連英検」というものがあります。正式名称は「国際連合公用語英語検定試験」です。
略称は似ていますが英検より難易度が高く、政治や軍事、環境問題などの国際的なテーマが中心に出題されます。また、A級、特A級という難易度になると面接官との討論を行う二次試験があります。
一般的には知名度はありませんが、極めて高い英語の能力があることを証明できる検定試験です。

TOEICとTOEFL

最近の検定試験で特に人気が高いのは「TOEIC」と「TOEFL」の二種類です。
「TOEIC」は主にビジネス英語や日常英語の知識が問われるため、英語でのコミュニケーション能力を判定する試験ともいえます。
多くの企業が国内だけでなく、海外進出や海外の企業との取引を考えている現代では英語のコミュニケーション能力は重要になるため、自分の英語の能力を証明したいビジネスマンや学生を中心に人気が高い試験です。

「TOEFL」はアメリカなどの英語が公用語の地域に留学を考えている人にとって重要な試験で、主に大学で使用されるキャンパス英語が中心に出題されます。
リスニング、スピーキング、ライティングなどの英語の4技能が同じ配点で扱われる、4技能が複合的に問われる問題があるなど英語の検定試験では特に高い難易度になっています。

やはり役立つのはTOEIC

就職などの様々な場面での有用性が期待できるのは「TOEIC」です。
英検も2級以上を取得していれば評価されやすいといわれますが、企業側はTOEICをより重視する傾向があります。

TOEICはご存知の方も多いと思いますが階級制や試験の合否があるわけでなく、試験のスコアによって英語の能力が評価されるシステムです。
就職で有利になるのはそこまで英語が重要ではない一般的な企業で600点以上から、大手企業では700点以上、外資系などの英語でのコミュニケーションが必須となる企業では800点以上といわれています。
これらはあくまで目安ですが、多くの企業が海外進出の有無にかかわらず、TOEICを採用の基準として重視しているかがうかがえます。

英検は役に立たないのか

では、英検は取得してもそこまで就職に有利にはならないので役に立たない検定試験なのでしょうか。
決してそんなことはありません。
前述の通り、英検は英語の4技能が総合的に問われる試験で難易度も高いといわれています。
TOEICで900点以上を取ったことのある人でも英検1級を合格するのは難しく、英検には総合的な英語の能力が必要になるということがわかります。

履歴書などにはTOEICのスコアを書いたほうが評価されやすいのは事実ですが、英検1級を取得しているというのそれよりも高い英語の能力を有していることを証明することができます。

おわりに

今回は英検はとっておくべきかどうかについて説明しました。
英検は総合的な能力が問われる検定試験のため、とても難易度が高い試験です。
まずTOEICである程度高いスコアを取って英語の能力に自信がついてから受けてみるというのもおすすめです。

参考サイト

http://manaboon.street-academy.com/topic/english_license/
https://careerpark.jp/21129

The following two tabs change content below.
イングリッシュナレッジ

イングリッシュナレッジ

大学生のための英語の学び方や方法について紹介しているサイトです。受験英語から離れてみて社会に通用する英会話術を身につけてみませんか?